見出し画像

6次産業化で地域貢献を目指す、丹波篠山の黒豆農園が挑む新規事業立ち上げ

事業を拡げて、町に働き口をつくりたい――。そんな思いで新規事業の計画を進めておられたのは、兵庫県丹波篠山市で農園を営む和み工房様。ご夫婦で特産品の「丹波篠山黒豆」の栽培をされています。

長い間、行政の就業支援事業に携わってこられたおふたり。その経験から「事業を拡げて働き口を提供することで、町の活性化に貢献したい」と考えられたのが、新規事業のきっかけです。

「農園で採れる特産品の黒豆を活用した加工食品の製造販売」と、漠然とした構想はあるものの、ご夫婦にとってビジネスを立ち上げるのは初めてのこと。

● 何から、どのように進めたらよいのか
● 限られた予算と人員で立ち上げるにはどうすればよいのか
● どうやって事業を大きくしていくのか

ご相談をきっかけに、地域に雇用創出というビジョンに沿って、中長期的なビジネスプランを提案。スタートアップをトータル・プロデュースさせていただきました。

スタートアップに最適なビジネスプランとは

雇用創出という大きなビジョンを掲げてスタートする新規事業。事業成長の先に、目的が達成できるビジネスでなくてはいけません。そのためには、就業経験がなくても、様々な制約があっても働ける「環境づくり」も大切なポイントです。

また、黒豆農園を運営しながらの事業立ち上げ。ご夫婦ふたりで、農園はご主人、物販事業は奥様と役割分担されることに。実質、奥様ひとりで切り盛りする新規事業。限られたリソースで立ち上げ、継続できるビジネスモデルが必要です。

そこで、販売チャネルは受注生産が可能なネット販売に集中。商品は、農園で採れる特産品使った「丹波篠山黒豆プリン」を提案。プリンを選んだ理由は、黒豆との相性の良さと専門技術や大がかりな設備がなくても作りやすい商品であることが決め手です。

単一商品に絞ってリソースを集中させることによって、スモールスタートを実現。開業前は商品開発、開業後は商品の製造~出荷のオぺレーションに専念できるプランを策定しました。

商品力を高めて、既存市場で選ばれる存在へ

画像1

通販でも人気の高いご当地スイーツ、そのなかでもプリンは一番人気のメニューです。そんなレッドオーシャンで選ばれるには、「特産品を使用したご当地スイーツ」だけでは不十分。数ある商品のなかから選ばれるために、さらなる差別化ポイントを作り込みます。

丹波篠山の黒豆といえば、抜群の知名度を誇るブランド食材。高級食材を使用したご当地プリンを手に取りやすく、親しみやすい商品へ。

商品のパッケージには、ゆるいタッチで描かれた犬猫キャラクターを採用。竹炭を使用した黒豆豆乳プリンは黒柴の「クロちゃん」、黒豆入りカスタードプリンはぶち猫の「マメちゃん」と命名。町に住みついた2匹のストーリーを通して、篠山の町を紹介。地域に根差したデザインで、ご当地スイーツらしさを表現ました。

オンラインショップでは、6個入りの贈答用セットとして販売。2つのフレーバーを組み合わせて、3種類の商品を用意しました。セット販売をすることで、商品の収益性を担保。限られた販売数でも利益が残る商品設計です。

継続的に事業を伸ばしていくには

継続的に売上を伸ばしていくには、認知獲得と市場浸透の2つがポイント。
発売時には、プレスリリースを配信。篠山の町を舞台にした世界観と特産品を用いた商品がメディアに取り上げられ話題に。地元の人を中心に認知を獲得。ネットショップの売上にも寄与しました。

発売後も、ずんだ味の「みどりちゃん」、秋限定の「マロンちゃん」など新商品を次々に投入。お客様を飽きさせない工夫で、リピート購入を促進。楽しく購入いただける仕掛けでお客様をファンへ。和み工房様ならではの世界観にぐっと惹き込みます。

またお届けする商品に同封するリーフレットやSNSにもクロちゃん・マメちゃんが登場。語尾に「~~わん!」「~~にゃー!」と付けながら、地域の豆知識や新商品を紹介。ストーリーに沿った一貫した世界観で、さらに深く魅力を発信しています。

継続的な情報発信と並行して、少額から運用可能なネット広告も活用。地域に根差した訴求で、世界感に共感するお客様との出会いが生まれています。

まとめ

今回の新規事業成功の要因はふたつ。

ひとつめは、事業の目指す方向性に沿って、課題を解決するビジネスプランを策定したこと。商品を絞り、限られたリソースを集中。スモールスタートを実現しました。

ふたつめは、商品の特長にデザインで意味をもたせ、独自のストーリーを構築したこと。キャラクターを通して発信される地域・食材の魅力は、地域貢献への想いを体現。顧客の共感を生み、付加価値を高めることができました。

ご相談から一年後、念願のネットショップがオープン。篠山に住むクロちゃん・マメちゃんの世界観で、順調にファンを獲得。開業以来、売上も伸び続けているそう。さらに、オープン半年後には、1人目となるスタッフ様の採用も決定。ビジョン実現に向けて、大きく前進されています。

1
私たちは「中小企業の企画部を代行する」をミッションに掲げ、お客様のビジネス全体をデザインするデザイン会社です。ビジネスの舵取りをする人が抱える課題解決のヒントを提供する場として、noteを公開しています。